脚やせに効果的な肥満治療薬とそうめん

脚やせは上半身やせの3倍は難しいと言われています。
ダイエットプログラムで大幅減量をしても、下半身の脂肪はほとんど落ちないという方は多いです。
脚やせのためには、肥満治療薬を使用して脂肪をブロックすることも大切ですが、マッサージをして直接脚に刺激を与える必要があるのです。
毎日運動をしている方でも、脂肪の付着した部分に運動効果を与えるのは難しいのです。
そこは自分の手を使って、直接マッサージしていく必要があります。
金銭的に余裕のある方は、定期的にエステサロンでマッサージを受けるといいです。
おすすめのマッサージは、手もみを主体としたものです。
気になる部位を直接絞ることが可能であり、どんな機械マッサージよりも効果があります。

肥満治療薬は体脂肪を減少させる効果があります。
脂肪を直接減らす薬ではありませんが、吸収を70%に抑えることで付着するのを防ぐのです。
結果的に吸収される脂肪が減り、蓄積していた脂肪がエネルギーとして使われるという好循環になります。
短期間でリバウンドせずに痩せたいなら、肥満治療薬ほど役立つものはありません。

ただし、ずっと肥満治療薬を飲み続けるわけにもいきません。
薬である以上は副作用があるので、服用期間はなるべく短いほうがいいのです。
そこで、食生活で摂取する食材にもこだわる必要があります。
そうめんは炭水化物なので、脂肪太りを防げる食材なのです。
炭水化物のカロリーは脂肪の半分以下です。
同じボリュームの食事を食べても、脂肪中心の食事と比較してカロリーは50%未満になります。
そうめんは消化吸収に優れているので、夜食のメニューとしても最適です。
夜食のおすすめメニューには、そうめん、春雨スープ、野菜スープなどがあります。