こんな方に肥満外来はおススメ!

明らかにBMI値が肥満ゾーンでありながら、なかなか体重を減らすことができない人は、肥満外来が力になってくれるでしょう。
年齢を重ねるたびに、人間の代謝は下がっていきます。
体内に蓄積された脂肪を減らすためにも、食べた物を活発に消費するためにも、体の代謝を上げていくことは大切です。
体重が減らない人というのは、代謝も良くないことが多いです。
ハードなダイエットを繰り返している人も、体重は落ちにくくなります。
食べないようにしても、体重は簡単には減りませんし、リバウンドの可能性も秘めています。
そんなタイプであれば、肥満外来にかかり、肥満治療薬を使った治療をしていくのが良いでしょう。
代謝を上げることと、スムーズな排出も大事になります。
肥満治療薬を使うことで、それらのサポートにもなります。
専門のドクターに相談して、その人にあった肥満治療薬を処方されますから、ダイエットをするのにも、心強いです。
食べ過ぎをセーブするためには、食欲を抑制する薬が処方されます。
薬を飲むことで、脳の神経伝達に作用して、自然と食欲が減っていく効果があります。
食べる量が減れば、だんだんと体重は減っていきます。
消化吸収阻害剤を使うことで、腸の中で効果を発揮することになります。
食べた脂肪分を、ある程度ですが、吸収を抑えてくれる効果があります。
脂肪を多く含む食事に効果があります。
また、点滴などでも治療を行います。
α-リポ酸などを含んだ点滴をすることで、新陳代謝を促進させることができます。
新陳代謝が上がれば、脂肪も燃えやすくなっていきます。
冷え性や、むくみの改善効果にもつながります。
肥満外来では、その人にあったスケジュールを組むことができます。